「春柳 葛城山に たつ雲の 立ちても座ても 妹をしそ思ふ」

                                        (万葉集 2453)

和歌の意味:  春の季節になって、葛城山に立つ雲のように、立っても座っても妻のことを思う今日

         この頃である。
         
         

旅の思い出:  この絵は、橿原市の耳成山の南にある池の畔から見た葛城山(右)と金剛山(左)を描いたものです。

          明日香村の近辺で、大きな柳の木があってかつ葛城山が見えるところはここしかなく、ここを見つける

         のに半日かかりました。

          幸い桜も咲いて鴨が長閑に遊んでいることから、昔の都のイメージを思い浮かべました。

          万葉集にある小野老(おののおゆ)朝臣の次の歌を思い出します。

              「あをによし 奈良の都は 咲く花の薫ふが如く 今盛りなり」

          また、古今集にある素性法師の次の歌を思い出します。

              「みわたせば 柳桜を こきまぜて 宮ぞ春の 錦なりける」

          そこで私は昔の都のイメージを思い浮かべながら、次の歌を詠ってみました。

              「遠山に 思いおこせよ 葛城の 鴨鳴く池の 柳桜を」











          

トップページへ戻る
人麿の旅トップへ戻る
人麿の旅足跡図へ

自作の歌

遠山に

思いおこせよ

葛城の

鴨鳴く池の

柳桜を
葛城山
前へ
次へ